Scroll

Department of Veterinary Nursing

獣医保健看護学科

学科の特長

獣医保健看護学科では、すべての学生が必修となる基礎・応用・臨床科目を学び、国家試験の受験資格をめざします。それぞれの興味に応じて履修する応用的な科目もあります。

学びキーワード

  • 動物看護

  • ペット栄養

  • 動物愛護

  • 動物のしつけ

  • 動物医薬

  • リハビリテーション

学びポイント

国際水準に相当する
愛玩動物看護師の養成

獣医保健看護学科では、卒業後に即戦力として活躍できる、国際水準の専門知識と技能を持った愛玩動物看護師の養成をめざしています。
そのため、動物の診療補助や適正な飼養、疾病の予防、リハビリテーション、公衆衛生学、飼い主やスタッフとのコミュニケーションなど、動物看護のプロに必要な幅広いカリキュラムを用意。実習では同じ項目を繰り返して学ぶ機会も提供し、必要な知識や技術を確実に身につけられるよう配慮されています。

動物病院などキャンパス内に
充実した実習施設を完備

本学部キャンパスには、学生が実習や教材学習を行う上で必要な施設がすでに存在し、有効に運用されています(動物病院、動物医科学研究センター、実験動物センター、博物館、付属農場など)。
とくに動物病院(ANMEC)は、愛玩動物看護師の臨床教育においてメインとなる実習の機会を提供する貴重な場。基本的な動物(犬と猫)の取り扱い、飼い主とのコミュニケーション、施設の衛生管理などを学ぶことができます。

獣医学科を有する学部が
設置する新学科

愛玩動物看護師の教育に獣医学は欠かせません。本学部には100年以上の歴史を誇る獣医学科が存在し、高い教育スキルと専門性を有する獣医学科教員も多数在籍。充実した愛玩動物看護教育の実現が可能になっています。
また、臨床教育においては獣医学科との連携を十分に考慮。在学時より、実際の動物病院に近い診療や看護を経験し、将来に備えることができます。

動物病院を始めとする
幅広い進路

獣医保健看護学科では、人獣共通感染症、公衆衛生学教育も充実。人と動物がともに健康的に暮らす環境作りについて深く理解することができます。
また、愛玩動物看護師として、飼い主やブリーダーに対して、適正な動物の飼養方法を指導する知識・能力も身につけることが可能です。そのため動物病院をはじめ、愛玩動物に関する幅広い業界に活躍の場を得ることができます。

学べる「専門分野」

  • 基礎動物看護学分野

    動物の福祉や愛玩動物、そして形態機能学、生理生化学、栄養学、薬理学、繁殖学、免疫学など動物看護の基本となる科目を学ぶ分野です。

  • 応用動物看護学分野

    公衆衛生学・人獣共通感染症学や実験動物学、動物飼養指導やコミュニケーション論など、社会における人と動物に関わる科目を学ぶ分野です。

  • 臨床動物看護学分野

    動物病院の診療補助・疾病予防に欠かせない検査や動物看護学(内科学、外科学など)の知識を学び、実践的に技術や技能を活かす分野です。

将来の活躍分野

大学付属を含む動物病院の愛玩動物看護師を始め、ペットフード・ペットショップなどペット関連産業、衛生管理会社、メーカー(食品・化学・医薬品など)、実験動物を扱う企業や組織、官公庁(動物愛護センターなど)、団体などがあります。そのほか、獣医学科編入や大学院進学、研究補佐職なども視野に入ります。

資格

  • 取得できる免許・資格

    - 中学校教諭理科一種
    - 高等学校教諭理科一種

  • 任用資格(卒業後の実務経験により取得できる資格)

    - 学芸員

  • 受験資格

    - 愛玩動物看護師国家試験
    - バイオ技術者認定試験
    - 動物愛護社会化検定(専門級試験)
    - ペット栄養管理士

※予定の資格も含みます

学科に関する質問はこちら
学科PDFダウンロードはこちら
学科Instagramはこちら

TOP